自分で設置できる?宅配ボックスの特長と注意点

自分で設置OK!宅配ボックスの特長と注意点がわかるサイト

玄関先で会う回数の多い人たち

働き者の蟻の仕事ぶりのように、あまり見かけないような大きな台車を牛耳って配達されている宅配の人の様子を都心で見て、再配達にも、後ろめたさがあります。
宅配ボックスは、不在時に宅配便などを受け取る用の設備で、冷蔵設備はついていません。
暗証番号やオンラインの施錠等、様々です。
主要な駅には宅配のロッカーも普及しています。
ネットで買い物が趣味だったり、習慣になっているせいか、一週間のうちに何個配達されるか、波のように押し寄せてくるイメージが払拭できません。
個数が多いと、宅配ボックスにも入りきれません。
共有のマンションの宅配ボックス等は、受け取りが遅れる人がいると使えるボックス数が減るので、他の住民から苦情なども出ているそうです。
盗難や悪戯の心配もあります。
暗証番号を忘れたり、宛先人間違え等のトラブルがあった時は大変です。
宅配ボックスの設置は自分でもできます。
また、数千円で宅配ボックスをリースで設置するシステムの会社もあります。
常温で保管可能な食品で、ポスト投函ができるサイズのメール便等の安価な配送料のものでも、季節を選べば品質を心配しなくても済みます。
ネットで買い物をする時は、受け取り方が一番厄介です。
楽しく買い物をして、配達料や受け取りの事を考えると、ちょっと思考が止まる、ような水を差された瞬間です。
便利さと時間と駆け引きをしながら、より良い設置の仕方を考えなくてはいけません。
自分で設置OK、かつ宅配ボックスの特長と注意点をまとめてみましょう。

宅配ボックスの役目

注文した荷物が重なると、形や色の違う箱を数個重ねて、目立つ制服姿の宅配の人が、映画に出てくる俳優のようにバランスを取りながら、パフォーマンスかと思うくらいテキパキ作業されていて、本当に頭が下がります。 暑くても寒くても、毎日一番ご苦労様と労いたいですね。

ストレスから解放

チャイムが鳴って、荷物の宅配がオンタイムであれば、得した気分です。 知らない間に勝手に、設置した宅配ボックスに荷物が入っていたら、サンタクロースの贈り物気分です。 休日の朝にのんびりしている時や、平日の忙しい時間に、応答しにくくて、ストレスを感じる事もなくなります。

自分への贈り物気分だったり

夜中にネットを検索していて、つい商品をカートに入れてしまう悪い癖。 数年前から習慣化してしまったけど、ずっと前は通販で商品を買っても満足できないと絶対お店で購入していましたよね。 通販事業の拡大で、届日が遅くなったり、配送料負担が増えたり、消費者としては嬉しくないかも知れません。