自分で設置OK!宅配ボックスの特長と注意点がわかるサイト

宅配ボックスの役目

ネット通販サイトでも

電気工事の不要な宅配ボックスもあります。
据え置いて専用金具で固定するだけで設置できる数万円の宅配ボックスもあり、ネット通販サイトでも購入できます。
時間をかけて、お店を掛け持ちして探すより、商品の比較はネットが楽です。
下調べもネットで検索すれば、コスト減を実現できます。
数千円で購入できる折りたためるタイプの物もあります。
使って貰えないと意味がないので、宅配の人にわかって貰えるように、宅配ボックスの場所を知らせるシールを貼ったり、工夫も必要です。
商品が盗まれないような場所を選ぶことも肝要です。
金庫ではなくても、大切な荷物です。
固定して施錠を破れないような動かしいにくい頑丈な印象を作る等、フェンスや壁に打ち込みやワイヤー固定をしなくてはいけません。

家族に頼めない人の考察

ネットでの買い物の普及や、宅配業者の人員不足の問題から、宅配ボックスのある賃貸住宅は人気があります。
便利で、宅配ボックスを個人で設置費用がかからない分、賃貸料の管理費が高い場合もあります。
不在が多くても、再配達にならず、重い物をコンビニや駅のロッカーから持ち帰る手間は省けます。
受け取りのためだけに、知らない人と直接接触しなくて済むので、ストーカー被害等の予防にも繋がります。
自作でといっても費用を抑えるのであれば、材料費を考えると最低限付属品付きの簡易な宅配ボックスをネットで購入するのがベストです。
宅配の人に認識されず、見向きもされなかったり、安全性の問題が一番大切です。
見た目も良く、防犯用ワイヤーや錠も付属したものを購入すれば、手間とコストを抑えられ、取り付けも簡単です。


この記事をシェアする